chef-server構築

gemでchefをインストール

今度はchefをS/Cで動かすべく、またイチからchefを構築します。
今度の環境はCentOS6.2 x86_64です。

さっそく

sudo gem install chef

を実行。
しかしエラー。
ruby-develが無いようなのでインストール。

sudo yum install -y ruby-devel.x86_64

そして再び

sudo gem install chef

chef-soloでchef-serverをインストール

chef-serverのインストールは
さくらのVPSにchef-serverをインストール(kikumotoのメモ帳)
を参考にさせていただきました。ありがとうございます!
chef-soloでchef-serverをインストールするのがおもしろい。

まずは作業用のディレクトリを作る。
mkdir ~/tmp_chef

そこにsolo.rbを作成。

vi tmp_chef/solo.rb

file_cache_path "/tmp/chef-solo"
cookbook_path "/tmp/chef-solo/cookbooks"

同じく、chef.jsonも作成。

vi tmp_chef/chef.json

{
  "chef": {
    "server_url": "http://localhost:4000",
    "webui_enabled": true,
    "init_style": "init"
  },
  "run_list": [ "recipe[chef::bootstrap_server]" ]
}

そして、chef-soloコマンドでchef-serverをインストール。

$ sudo su -
# chef-solo -c /home/piyo/tmp_chef/solo.rb -j /home/piyo/tmp_chef/chef.json -r http://s3.amazonaws.com/chef-solo/bootstrap-latest.tar.gz

うまく行ったでしょうか。
うまく行けばport4040が開いていて、ブラウザで接続できるはずです。

# netstat -an | grep 4000
tcp        0      0 0.0.0.0:4000                0.0.0.0:*                   LISTEN

http://your-server:4040

デフォルトのユーザ/パスワードはadmin/p@ssw0rd1です。

とりあえず、WEB UIにアクセスすることはできました。
が、よーわからんという感じなので、次回は使い方をやりたいと思います。
せっかくWEB UIがあるのですが、できたらCLIで操作したいなと思ったりもしてます。
続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です