Mac Marvericksのキーチェーン不具合に終止符

全国8,500万人のMacファンの皆様、こんにちは。

ADアカウントのパスワード期限が来たのでパスワードを変更して以来、ずっと起こっていた起動時にcom.apple.iCloudHelper.xpcやらMessage AgentやらCalendar Agentやらのキーチェーンパスワードを聞かれる不具合に終止符をうつことが出来ました。

皆さん、ありがとう!

ということで、このソリューションをシェアしたいと思います。

お約束ですが、この記事を見て操作しておかしくなっちゃっても責任はとれません。自己責任でお願いしまーす。

ことの発端は、ADのパスワードを変更したときに遡ります。

職場の周囲の人たちが口々に「パスワード変更しないと」とつぶやいていたので、そろそろActiveDirectoryのパスワードが切れるのかな?でもMacの場合どうなっちゃうのかな?と思っていました。

そして、あくる日職場に出勤しMacを起動すると、パスワードの変更を促す画面が出て、最近のMacはしっかりADと連携がとれるんだと、感心しながらパスワードを変更しました。

不愉快なキーチェーンパスワードの入力を求められるようになったのは、そのときからでした。
AD用のアカウントでログインすると必ずキーチェーンのパスワード入力を求められるのです。
※ちなみにADアカウントではないログインアカウントではこの事象は発生していません

最初は分けも分からず、新しいパスワードを入力しては、ブルブルッとなって、何のパスワードを入れればいいのよ!と混乱していました。
そこでふと思い立って前のパスワードを入力したところ、認証に成功したようでした。

で、ちょっと調べてみるとキーチェーンのログインパスワードの変更が必要であることが分かったので、「キーチェーンアクセス」を起動して、「編集」から「キーチェーン”ログイン”のパスワードを変更」でパスワードを変更してみました。

特に警告やエラーも出なかったので万事うまく行ったと思ったのですが、あくる日また同じようなキーチェーンのパスワードを入力する窓が起動するのです。

調べても~/Library/Keychains/にあるランダム文字列のディレクトリを消せという情報しか無く、もちろんそれをしても解消せず途方にくれていました。

あるとき「キーチェーンアクセス」の「環境設定」というものがあるということを知り、設定項目を確認してみると、「First Aid」というタブに「ログインキーチェーンパスワードをアカウントと同じにする」という項目があって、チェックが外れているではありませんか。

で、それにチェックをして再起動したところ、ログイン直後にキーチェーン絡みの窓が開いて、「キーチェーンのパスワードをアップデート」的な項目を選んで全て解決でした。

それでは皆さんも良いMacライフを!

Mac Marvericksのキーチェーン不具合に終止符” への2件のコメント

  1. 同様にキーチェーンまわりで煩わしい目に遭っていたのですが、こちらの記事で解決できました。有用な記事をありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です