電子工作入門日記 ESP-WROOM-02に書き込めない!

とりあえず、ArduinoでのBME280の試験はブログに書くほどのこともなく完了し、本丸であるESP-WROOM-02とBME280との連携を確認しています。
それで、まずはESP-WROOM-02とお友達になりたいので、適当なスケッチを描いて書き込んで遊んでみようと思いました。
ここで、大ハマり。かきこめる時と書き込めない時がある。
書き込めない時は以下のログが出ました。

Arduino:1.8.3 (Mac OS X), ボード:"Generic ESP8266 Module, 160 MHz, 80MHz, QIO, 115200, 4M (3M SPIFFS), nodemcu, Disabled, All"

Archiving built core (caching) in: /var/folders/pj/_b76f5vs3zx9rq5lfg068xkm0000gn/T/arduino_cache_164851/core/core_esp8266_esp8266_generic_CpuFrequency_160,FlashFreq_80,FlashMode_qio,UploadSpeed_115200,FlashSize_4M3M,ResetMethod_nodemcu,Debug_Disabled,DebugLevel_all______8886ee52af8abeec90f379cbde8a6821.a
最大1044464バイトのフラッシュメモリのうち、スケッチが230621バイト(22%)を使っています。
最大81920バイトのRAMのうち、グローバル変数が32212バイト(39%)を使っていて、ローカル変数で49708バイト使うことができます。
warning: espcomm_send_command: wrong direction/command: 0x00 0x08, expected 0x01 0x08
warning: espcomm_send_command: wrong direction/command: 0x00 0x08, expected 0x01 0x08
warning: espcomm_send_command: wrong direction/command: 0x00 0x08, expected 0x01 0x08
warning: espcomm_send_command: wrong direction/command: 0x00 0x08, expected 0x01 0x08
warning: espcomm_send_command: wrong direction/command: 0x00 0x08, expected 0x01 0x08
warning: espcomm_send_command: wrong direction/command: 0x00 0x08, expected 0x01 0x08
warning: espcomm_send_command: wrong direction/command: 0x00 0x08, expected 0x01 0x08
warning: espcomm_send_command: wrong direction/command: 0x00 0x08, expected 0x01 0x08
warning: espcomm_send_command: wrong direction/command: 0x00 0x08, expected 0x01 0x08
warning: espcomm_sync failed
error: espcomm_open failed
error: espcomm_upload_mem failed
error: espcomm_upload_mem failed

これで、数日悩み諦めかけた時、ふと気がつきました。
今の構成はUSB Serial変換モジュールとして「FT232RL」を使い、それを経由してESP-WROOM-02と通信しています。電源は後々のことを考えて電池ボックスからDCDCコンバータを経由して3.3Vを供給しています。
電源は電池ボックスからとってるからFT232RLはRX,TXだけ繋がってればいいよね。通信内容も見えてるし、と思っていました。
でも、違ったんですね。FT232RLもGRDを取らないとダメだったみたい。
GRDをとるようにしたら、すんなり書き込めました。
初心者の変な思い込みが問題となるいい例だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です